ソロ用のシングルバーナーの選び方とおすすめの紹介!

比較・まとめ

こんにちは、ロストマン(@the_lost_man77)です。

キャンプや登山での料理やお湯を沸かすのに便利なシングルバーナー。特にソロで使う際にはメインバーナーでもサブバーナーとしても使い勝手の良いものです。

一言でシングルバーナーと言っても燃料とバーナーが一体型と分離型、さらに燃料の種類にCD缶とOD缶とガソリンがあったりと様々なタイプがあります。

今回はシングルバーナーの選び方とおすすめする人気アイテムの紹介をします。

自分のスタイルに合ったものを選んでいただけたら嬉しいです。

シングルバーナーの魅力

カセットガスジュニア コンパクトバーナー
出典:Iwatani

シングルバーナーは調理やお湯を沸かすことができるのはもちろんのこと、寒い時の暖をとることにも使えます。

カセットコンロと比べると非常にコンパクトで持ち運びにとても便利です。ソロキャンプや登山をする人にとってはできるだけザックの中がかさばらないようにしたいですよね。

またガス式のシングルバーナーならカートリッジを装着するだけですぐに使うことができ、手間がかからないのも魅力的ですね。

シングルバーナーの選び方

シングルバーナーには様々なタイプのものがあるので、自分のスタイルに合ったものを選んでいきましょう。

燃料は時期や自分のレベルに合わせて選ぼう

CB缶

CB缶はカセットボンベ缶のことです。コンビニやスーパーなどで販売している所が多いので入手しやすく、OD缶と比べると価格が安いです。

しかし、寒冷地などの気温が極端に低い所ではガスが点火しにくいです。

気温の温かい時期にキャンプや低山で手軽に使う人向けですね。

OD缶

OD缶はアウトドア缶のことです。ハイパワーな出力ができる構造で気温の低い環境でもガスに点火し、サイズもCD缶に比べてコンパクトです。

しかし、ほとんどがアウトドア系の専門店にしか置いていないので手軽に入手しにくく、CD缶に比べて価格が高いです。

気温の低い秋や冬でキャンプや標高の高い山で登山する人向けといえるでしょう。

ガソリン

ガス式のシングルバーナーは気温が低くなるにつれて点火しにくく、火力も低下してしまいますが、ガソリン式はジェネレーターを熱で気化させる仕組みになっていて、気温が極端に低い寒冷地でも火力を安定して使用できます

ガス式は直ぐに使えますが、ガソリン式はタンクにガソリンを入れたり、ポンピングをするといった準備に手間がかかります。

メンテナンスもしっかり行わないと燃料漏れや部品が早く劣化する恐れがあるので定期的にやる必要があります。

寒冷地の氷点下の環境で使う人向けで、初心者はとりあえず購入を後程検討してもよさそうです。

用途で一体型か分離型かを選ぼう

一体型のシングルバーナー

CD缶使用のシングルバーナー

OD缶使用のシングルバーナー

一体型はシングルバーナー本体と燃料カートリッジを直接装着するので、軽量でとてもコンパクトにすることができます。ソロキャンプや登山にはできるだけ軽く、荷物をかさ張らないようにさせたい人はこちらが適しているでしょう。

ただ、ゴトクは小さく、発熱量2500Kcal/h程なので大きい鍋やフライパンを使うには適していません。

また、燃料カートリッジによって一体型には違いがあります。CB缶を使用する一体型はゴトクが低い位置にある為、安定感はありますが地面と火が近いので設置する場所が火の影響を受けるので場所を選ぶ、あるいは防火シートを敷く必要があります。

OD缶を使用する一体型はゴトクが高い位置にある為、安定感は少し劣りますが地面と火が離れているので設置する場所が火の影響を受けることはありません

分離型のシングルバーナー

分離型はゴトクと燃料カートリッジが分かれています。

一体型と比べてゴトクが大きく、重心が低い位置にある為大きな鍋やフライパンを置いても安定感があり、火力が強く3,000Kcal/h程なので調理に最適といえます。

しかし分離型はゴトクが大きく、接続部品のホースがある為、少しかさ張りやすくて重くなってしまいます

また地面と火が近いので設置場所には注意が必要です。

燃料カートリッジによって一体型には違いがありましたが分離型には違いは特にありません。

火と燃料が近いので長時間使用していたらもしかしたら爆発するのではないかと少し不安になりますし、安全性を考えたらこちらが良いと思います。

おすすめのシングルバーナー

CB缶使用のシングルバーナー

【Iwatani】ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

ブランド名Iwatani(イワタニ)
商品名ジュニアコンパクトバーナーCB-JCB
サイズ(幅×奥行×高さmm)使用時:155×155×127mm
収納時:82×68×109mm
重量(g)約274g
ゴトク径(直径mm)155mm
発熱量2.7kW(2,300kcal/h)
使用時間[イワタニカセットガス使用時] 約120分
[イワタニカセットガスジュニア使用時] 約40分 (気温20~25℃のとき強火で連続使用したときの目安時間)
燃料種別CB缶
価格(Amazon)4,360円(税込)

1Lの水を約4分で沸騰させることができる発熱量持ったバーナーです。本体を折り畳めば非常にコンパクトになり、付属の専用ハードケースに収納可能。ゴトクはバーナーを取り囲むように配置され、風防の役割も備わっています。ガス栓を開いてワンプッシュすれば自動点火とライター要らずの簡単操作です。

【SOTO】レギュレーターストーブ ST-310

ブランド名 SOTO(ソト)
商品名 レギュレーターストーブ ST-310
サイズ(幅×奥行×高さmm) 使用時:170X150X110mm
収納時:140X70X110mm
重量(g) 350g(本体のみ)
ゴトク径(直径mm) 130mm
発熱量 2.9kW(2,500kcal/h)(ST-760使用時)
使用時間 約1.5時間(ST-760 1本使用時)
燃料種別 CB缶
価格(Amazon) 6,380円(税込)

低温の外気により、火力低下を起こしやすいCB缶の弱点をマイクロレギュレーターが解消。外気温が低下しても火力が落ちにくく、朝晩、早春、晩秋の外気の冷えによるボンベの冷却に影響されることなく、高出力を発揮します。ドロップダウンによる火力低下がないため、連続した調理に適しています。

直結タイプのシングルバーナーでありながらも、直径19cmまでの大鍋が使用可能。数人分の料理をこなすことができます。

【SOTO】レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン) ST-330

ブランド名 SOTO(ソト)
商品名 レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン) ST-330
サイズ(幅×奥行×高さmm) 使用時:410×120×90mm
収納時:110×75×90mm
重量(g) 重量245g(本体のみ)
ゴトク径(直径mm) 記載なし
発熱量 2.9kW(2,500kcal/h)※気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
使用時間 約1.5時間(ST-760 1本使用時) 気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出
燃料種別 CB缶
価格(Amazon) 9,900円(税込)

すり鉢状なので風に強く、一点集中のまっすぐな炎なので、湯沸などの単純な調理に向いています。マイクロレギュレーターの効果により、常に高火力を発揮し火力が落ちにくいので、点火直後からガスを使い切る寸前まで、安定した火力を維持できます。

分離型で燃料のCB缶を火元から離した状態で使えるので安全安心です。4本のゴトクの直径は16.5cmなので、数人のキャンプ時でも重心が低く、大鍋も安定して乗せられます。

【SOTO】シングルバーナー ST-301

ブランド名 SOTO(ソト)
商品名 シングルバーナーST-301
サイズ(幅×奥行×高さmm) 使用時:190×176×83mm
収納時:160×100×90mm
重量(g) 690g
ゴトク径(直径mm) 200mm
発熱量 3.7kw(3,200kcal/h) (ST-760使用時)
使用時間 1.4時間(ST-760 1本使用時)
燃料種別 CB缶
価格(Amazon) 8,800円(税込)

大きなゴトクと低重心設計で、直径25cmまでの大きな鍋でも調理可能です。高火力なのに経済的なCB缶を使用し入手も容易かつ、バーナーから離れているので熱の影響を受けず安全に使用できます。畳めばコンパクトになるのでツーリングやキャンプに最適。

OD缶使用のシングルバーナー

【CAPTAIN STAG】 ガスバーナー コンロ M-7900

ブランド名 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)
商品名 ガスバーナー コンロM-7900
サイズ(幅×奥行×高さmm) 使用時:125×125×85mm
収納時:117x105x65mm(ケース収納時)
重量(g) 300g(ガスバーナーコンロのみ)
ゴトク径(直径mm) 記載なし
発熱量 2700Kcal
使用時間 225g/h
燃料種別 OD缶
価格(Amazon) 2,945円(税込)

最大火力2700Kcal/hに加え、ゴトクが広くコッヘルを置いても安定感があるので問題なく調理することができます。

【PRIMUS】ウルトラバーナー P-153

ブランド名 PRIMUS(プリムス)
商品名 P-153 ウルトラバーナー
サイズ(幅×奥行×高さmm) 使用時:記載なし
収納時:75×88×30mm
重量(g) 110g(本体99g+点火装置11g)
ゴトク径(直径mm) 大148mm/小90mm
発熱量 4.2kW/3,600kcal/h(T型ガス使用時)
使用時間 約55分(IP-250タイプガス使用時)
245g/h
燃料種別 OD缶
価格(Amazon) 8,910円(税込)

 

発熱量3,600kcal/hの高火力であるにもかかわらず非常にコンパクトになるので、マグやコッヘルにスタッキングして持ち運びが可能です。

自動着火装置付きで、誰でも簡単に火を付けられライター要らずでとても便利。

【SOTO】マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310

ブランド名 SOTO(ソト)
商品名 マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310
サイズ(幅×奥行×高さmm) 使用時:90x117x100mm
収納時:47x90x88mm
重量(g) 3本ゴトク使用時=67g、4本ゴトク(別売)使用時=87g
ゴトク径(直径mm) 100mm
発熱量 3.3kW(2800kcal/h)
使用時間 約1.5時間
燃料種別 OD缶
価格(Amazon) 8,140円(税込)

バーナーヘッドをすり鉢状にした独自の構造を採用したことで、暴風機能が大幅にUP。風の強い場所で使用してもバーナーの炎が流れにくく短時間で水を沸騰させることが可能。

また、寒さにも強く外気温が20℃であっても-5℃であっても変わらない2,800kcal/hの火力を発揮できます。

本体には「小型3本ゴトク」が標準セットされていますが、別売の「大型4本ゴトク」を取付けることでより鍋が安定し、調理しやすくなります。

【snow peak】ギガパワーストーブ 地 オート GS-100AR2

ブランド名 snow peak(スノーピーク)
商品名 ギガパワーストーブ 地 オート GS-100AR2
サイズ(幅×奥行×高さmm) 使用時:φ106×67.5mm
収納時:45×37×82mm
重量(g) 90g
ゴトク径(直径mm) 106mm
発熱量 2,500kcal/h
使用時間 記載なし
燃料種別 OD缶
価格(Amazon) 6,490円(税込)

1998年発売のロングセラーモデルで、最高出力2,500kcal/hで火力は十分。重量わずか90gで携帯性で楽に持ち運びも可能。また着火に便利なオートイグナイタ(自動着火装置)を備えていてライター要らずです。

【snow peak】ギガパワー マイクロマックス ウルトラライト GST-120R

ブランド名 snow peak(スノーピーク)
商品名 ギガパワー マイクロマックス ウルトラライト GST-120R
サイズ(幅×奥行×高さmm) 使用時:φ125/90×81mm
収納時:67×34×80mm
重量(g) 56.0g
ゴトク径(直径mm) 125mm
発熱量 2,800kcal
使用時間 記載なし
燃料種別 OD缶
価格(Amazon) 7,590円(税込)

徹底的に軽量化を追求しており、最高出力2,800kcal/hを維持しながら、金属パーツを見直すことで、世界最軽量の56gを実現しています。3枚の板状ゴトクは、風防も兼ねクッカーを支えながら確実な燃焼を続けます。収納時にはハンドルを本体の下に折りたたみコンパクトにして付属の収納袋に入れて持ち運びが可能。

ギリギリまでギアの重量の軽量化を図りたいソロキャンプや登山に最適です。また予備のストーブとして暖をとるのにも役立ちます。

【EPI】REVO-3700ストーブ S-1028

ブランド名 EPI(イーピーアイ)
商品名 REVO-3700ストーブ S-1028
サイズ(幅×奥行×高さmm) 使用時:φ152×86mm
収納時:52×52×89mm
重量(g) 111g
ゴトク径(直径mm) 152mm
発熱量 3700kcal(230R使用時)
最高出力:4200kcal(230パワーガス使用時)
使用時間 60分、ガス消費量:308g/h
燃料種別 OD缶
価格(Amazon) 7,768円(税込)

重量わずか111gでありながら最高出力4200kcal(230パワーガス使用時)の高火力が出せるので、お湯を素早く沸騰させることができます。火力はジングルバーナーではトップクラスです。

ガソリン使用のシングルバーナー

【MSR】シングルバーナー・ストーブ ウィスパーライト 

ブランド名 MSR(エムエスアール)
商品名 ウィスパーライト
サイズ(幅×奥行×高さmm) 使用時:φ170×90mm
収納時:160×90×90mm
重量(g) 334g
ゴトク径(直径mm) 170mm
発熱量 約2,772Kcal/h
使用時間 ホワイトガソリン:136分(600ml液体燃料あたり)
燃料種別 Gジェット(出荷時)/ホワイトガソリン
価格(Amazon) 14,566円(税込)

ホワイトガソリン専用のスタンダードモデル。火力が強く、静かな燃焼音が特徴です。軽量で、ゴトクを折りたためばコンパクトに収納できます。

【SOTO】MUKAストーブ SOD-371

ブランド名 SOTO(ソト)
商品名 MUKAストーブ SOD-371
サイズ(幅×奥行×高さmm) 使用時:135x135x80mm
収納時:80x65x80mm
重量(g) 160g(本体+ホース)
ゴトク径(直径mm) 150mm
発熱量 4.7kw (4,000kcal/h)
使用時間 約1.0時間
燃料種別 ガソリン
価格(Amazon) 14,500円(税込)

予熱不要でススの発生も抑える「クリーンな」ガソリンストーブで、ガスストーブの扱いやすさとガソリンストーブの力強さを併せ持っています。自動車用ガソリン使用も可能。旅先でも入手しやすく、ランニングコストも安価で助かります。マイナス40℃の極寒地でも使用可能でどんな環境にも対応できます。

シングルバーナーと一緒に使いたいアイテム

【山善】シングルバーナースタンド 

シングルバーナーのゴトクよりも大きい鍋やフライパンなどを乗せて調理する時に役立つスタンドです。幅が広くガッチリしているので安定感は抜群。

【Etpark】ウインドスクリーン

シングルバーナーの炎が風に煽られて火力が不安定になることで、調理が上手くいかない場合はウィンドスクリーンで周りを囲ってあげれば解決です。風の影響を受けず火力の安定化と温度を逃がさないようにすることができます。

最後に

以上でシングルバーナーの選び方とおすすめの紹介を終わります。

シングルバーナーを使ってキャンプや登山の自然の中で普段家にいる時とは違う解放感を感じながら料理を作ったり、コーヒーを飲んでアウトドアライフを満喫しましょう。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


登山・キャンプランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました