UNIFLAME(ユニフレーム)のおすすめキャンプギアを紹介!「ファイアグリル」「焚き火テーブル」「山クッカー」など

メーカー情報

キャンパーの皆さんはUNIFLAME(ユニフレーム)をご存じですか。

今やキャンプ界隈でも焚火台やテーブル、調理器具などで多くの方が使っているのをよく見かけるくらいに有名なブランドですよね。

今回はUNIFLAME(ユニフレーム)のおすすめキャンプギアを紹介していきます。

UNIFLAME(ユニフレーム)とは

出典:naturum

UNIFLAMEは新潟県燕市にある株式会社新越ワークスのアウトドアブランドです。

「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という理念のもと、1985年に株式会社ユニフレームが創設されました。以来、日本の国産アウトドアメーカーとして日本の風土、文化を背景にしたアウトドアスタイルを創り続けています。

UNIFLAMEのロゴマークとともにあるこのフレーズは1991年、本格的にアウトドアメーカーとしてスタートした時からのもので、いつも自然と仲良くしていきたいという気持ちをさまざまな道具を通じて応援していきたいという願いが込められています。

主要なのが焚火台・テーブル・調理用のキャンプギアで、地元燕三条地域の金属加工技術を生かした強度と機能性に優れた商品が魅力です。

公式HPはこちら「ユニフレーム アウトドア用品総合メーカー

UNIFLAME(ユニフレーム)のおすすめキャンプギア

ファイアグリル

出典:Amazon

長年使ってもフレームが歪まない頑丈な焚火台として定番のユニフレームの「ファイアグリル」です。

薪をガッツリ置いた豪快な焚き火も、網を上で肉や野菜をジューシーに焼き上げるバーベキューもこれ1台で全て解決。

ネイチャーストーブ

出典:Amazon

自然に落ちている小枝や落ち葉を燃料として燃やして楽しめるエコなストーブの「ネイチャーストーブ」。

X字の脚部が吹き込む風を全て取り込む構造になっており、上昇気流としてストーブ内に入り込み燃焼効率をUP。折り畳めてコンパクトに収納できて持ち運びも簡単。

火力が高くなるので、焚き火だけでなく調理をするのにも最適です。

ラージタイプは中部に追加で燃料を入れられる穴があるので、調理中でも簡単に追加投入することができます。

薪グリル

焚き火や炭火での調理も楽しめるステンレス製かまど型の焚火台「薪グリル」。

ガッチリとした作りなので重さのあるダッチオーブンやスキレットでも調理を楽しめます。調理方法や火加減に合わせてゴトクの高さを3段階に調節可能。

また、かまど型なので熱が逃げづらく、熱反射して前面がとても暖かくなりやすいのも特徴で、冬場の暖を取る際には最適なアイテムです。

サイズは「通常」「ソロ」の2サイズ展開となっています。

※薪グリルラージは2022年に廃版になりました。

焚き火テーブル

熱・キズ・汚れに強い天板でガシガシとハードに使える「焚き火テーブル」。

安心して熱々の鍋やクッカー、ガスバーナーなどを直接置くことができます。テーブルが汚れても丸ごと水洗いが可能、かつ錆びにくいステンレス素材なのでいつまでも清潔に保てます。

サイドテーブルや複数台を繋げてメインテーブルとしても役立ちます。

サイズは「通常」「ラージ」の2サイズ展開です。

フィールドラック

出典:Amazon

網目状の天板の折り畳み式テーブル「フィールドラック」です。

地面へ直置きしたくないキャンプの荷物を雨水や泥汚れから守るのに適しています。デザインがシンプルなのでサイトの雰囲気に合わせやすく、天板は網目状で汚れても洗いやすいです。

オプションのステンレス天板と組み合わせればローテーブルとしても使えます。

ダッチオーブン

出典:Amazon

取り扱いがとても簡単なダッチオーブン。1枚の鉄板から作られるユニフレームのダッチオーブンは本体とフタの接地面のかみ合わせが良く、熱伝導に優れている為全体がムラなく加熱されて、料理がとても美味しく仕上げることができます。

鋳鉄製のダッチオーブンと違って落としても割れず、ヒートショック(急加熱や急冷却によるダメージ)にも強いです。本体底面は平らになっておりガスバーナーや焚き火台でのゴトク(ガス・IH)でも安定して使えます。

またレシピブック付きで料理初心者でも見ながら簡単に美味しい料理を作ることができます。

サイズは「8インチ」「10インチ」の2サイズ展開です。

ごはんクッカープラス

出典:Amazon

フタの動きで火加減がわかるライスクッカーと頑丈な黒皮鉄板のフライパンをセットにした「ごはんクッカープラス」。

ライスクッカーは、内側に1~3合炊きの目盛付きで吹きこぼれも軽減してくれます。厚さ約1.5mmのアルミ素材が均一に熱を伝えてくれて、美味しいご飯を炊くことができます。

アルミクッカーは、熱伝導に優れた厚さ約1.2mmのアルミ製で1合炊きの炊飯目盛も付いて、使い勝手抜群。

フライパンは、コーティングのない黒皮鉄板製で金属カトラリーでも安心してガツガツと調理できます。

キャンプ羽釜

キャンプで羽釜炊きの美味しいご飯を作るのに最適な「キャンプ羽釜」。

蓄熱性の高い素材を採用し全体的に熱を均一に伝えたり、フタがほどよく重さがあり圧力を加えてご飯をふっくらに炊き上げます。

また、内側には水量の目安付きで初めての方でも安心して使えます。

サイズが「3合炊き」「5合炊き」の2サイズ展開です。

3号サイズはユニフレームの「ネイチャーストーブ ラージ」か「薪グリルsolo」と組み合わせれば、かまど効果によりさらに熱効率が高まります。

キャンプ中華鍋

出典:Amazon

ソロサイズでも本格的な中華が楽しめる「キャンプ中華鍋」。

暑さ1.6mmの鉄板で高火力にも対応し、ステンレス製ハンドルで熱伝導を軽減します。

ハンドルの空洞部分に枝を差し込み釘やネジで止めれば、ハンドルを延長して使うこともできます。(釘穴径:約Φ2mm)

ちびパン

小さくてちょっとした料理を作るのに適している「ちびパン」。

作った料理をそのままお皿として使えるサイズ感。余分な洗い物も出さなくて楽ちん。

リッド(フタ)を使えば、油の跳ね防止やより幅広い料理を楽しめます。

山フライパン

軽量なアルミ製の「山フライパン」。

フッ素樹脂加工を施してあるのでお手入れラクラクで焦げつきにくい。料理ができたらそのままお皿としても便利です。

種類は「通常」「深型」の2タイプ展開で、深型は汁物調理もできます。

山クッカー角型3

「山クッカー角型3」は、インスタントラーメンも割らずに持ち運べて便利なだけでなく、リュックのデッドスペースが生じにくいです。

フライパンと鍋が揃っているので、初めてキャンプや登山をする人にはオススメのアイテム。

fanマルチロースター

「fanマルチロースター」は炎を力強い赤外線の「熱」に変える特殊耐熱鋼メッシュと山型とフラット型の2通りにセットできる焼網で食材に合わせた焼き方を楽しめます。

炎を赤外線の熱に変換することで、焼きすぎや焦げを防止して丁度良い焼き具合で美味しく焼き上げます。

山型はトーストを焼くのに、フラット型は餅や干物などの焼き物に最適です。
※弱火で使って下さい。またアルコールバーナーには使えません。

サイズは「通常」「ミニ」の2サイズ展開です。

燕三条乃斧

「燕三条乃斧」は、燕三条の職人が作った片手で扱えるコンパクトな斧です。

刃部で薪を叩き割る基本的な機能はもちろん、反対側には細い薪や枝を挟んでテコの原理で折ることができます。

高強度フルタング構造であり、フィットするグリップ形状と素材で滑りにくいので思いっ切り力を加えても大丈夫。

UFブッシュクラフトナイフ

「UFブッシュクラフトナイフ」は、高強度フルタング構造でバトニングなどのハードな使用にも耐えられるナイフです。

刃部の背の部分は角が立っているので、メタルマッチを擦って火花が起こしやすくなっています。

グリップも手にフィットしやすい形で馴染みやすく、腰に着けられるベルトループ付きで作業中いつでもナイフを取り出せます。

ギザ刃 キャンプナイフ

出典:Amazon

「ギザ刃 キャンプナイフ」は、刃物の名産地岐阜県関市で製造の国産ナイフです。

先端のギザ刃がしっかり噛んで切りやすい形状で、先端以外はストレート刃でキッチンナイフとして使えます。

折り畳み式なのでソロクッカーにも収納できるサイズで持ち運びがしやすい。

最後に

UNIFLAME(ユニフレーム)は焚火台や調理器具と言った炎に関連したキャンプギアが多くのキャンパーから支持されているブランドです。

それだけではなく最近ではテーブルやフィールドギアにも力を入れており、全く新しい商品を開発されてキャンパーには次にどんなものを生み出してくれるのかますます期待をさせてくれます。

今回紹介したキャンプギア以外にもUNIFLAMEには素敵な商品が目白押しなので、下記のAmazonストアからチェックしてみましょう。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


登山・キャンプランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました