[ゆるキャン△]志摩リンが使っているキャンプ道具を紹介!

ゆるキャン△

こんにちは、ロストマン(@the_lost_man77)です。

最近若い人の間でキャンプが流行っていますが、その火付け役になったひとつがゆるキャン△。

女子高生がキャンプをしてのんびりする姿がとても可愛らしくて癒されるんですよね。

今回はその作品に出てくるキャラクターのひとりである、志摩リン(リンちゃん)が使っているキャンプ道具について紹介していきたいと思います。

実はリンちゃんが使っているキャンプ道具はおじいちゃんから譲り受けた物で、高校生がお小遣いで買えるようなものではないのです。

一体どのようなキャンプ道具を使っているのか気になりますね。

  1. 志摩リン(リンちゃん)の道具
    1. テント【モンベル ムーンライト3型】
    2. チェア【エーライト メイフライチェア】
    3. チェア【ラフマ POP UP XL】
    4. 寝袋【ドイター スターゲイザー‐10】
    5. 圧縮袋 【モンベル コンプレッションスタッフバック】
    6. エアマット【イスカ コンフィライトマットレス】
    7. 焚火台【笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君】
    8. バーナー【ソト  ウインドマスターSOD-310】
    9. クッカー【コールマン パックアウェイ ソロクッカーセット】
    10. マグカップ【ベルモント シングルマグ】
    11. マグカップ【チャムス キャンパーマグカップ】
    12. ナイフ【オピネル ステンレススチール】
    13. ホットサンドメーカー【ヨシカワ ホットサンドメーカー あつあつ シングル】
    14. 圧力鍋【ホーキンス アルミ圧力鍋1.5L】
    15. テーブル【キャプテンスタッグ アルミロールテーブル】
    16. テーブル【ユニフレーム 焚火テーブル】
    17. 水筒【クリーンカンティーン クラシックボトル27oz 800ml】
    18. ナタ【味方屋 鞘鉈5.5寸(165mm)】
    19. ランタン【ジェントス LEDランタンSOL-036C】
    20. ランタンスタンド 【スノーピーク パイルドライバー】
    21. ランタンハンガー【ロゴス ランタンフック】
    22. サイドバッグ【アクロス リンちゃんのサイドバッグ】
    23. マフラー【ホビーストック 志摩リンのストライプマフラー】
    24. 自転車【「ダホン Speed Falco」or「あさひ アルブレイズ」】
    25. バイク【ヤマハ ビーノ50㏄】
  2. 原作・アニメ版ゆるキャン△を観るには
  3. ドラマ版の志摩リンのキャンプ道具と比べてみよう
  4. 最後に

志摩リン(リンちゃん)の道具

テント【モンベル ムーンライト3型】

このテントはモンベル(mont-bell)から1970年より発売されている人気ロングセラー製品の「ムーランライト3型」です。

このテントの素晴らしい所はなんといってもインナーをフレームに吊り下げるだけなので、名前の由来になった月明りの下でも素早く簡単に設営ができるのが魅力的なテントです。

ムーンライトシリーズは1~9型まであり、数字が大きくなるほどサイズが大きくなります。因みに3型は収容人数は3人まで使うことができます。

また重量が約3.6㎏もあるので、作中のように小さいミニベロ自転車で持って行くには少々サイズオーバーなので、車かバイクで持って行くのがベストだと思います。

現在リンちゃんと同じ3型は生産終了の廃版になっていますが、これの代わりになるのが2型の現行モデルになります。旧2型よりもフレームの構造の見直しや大幅な軽量化と広々とした居住空間を実現し、3型に近い作りになっているのでこちらでも十分にリンちゃん気分を味わえること間違いなしでしょう。

monbelの公式サイトでムーンライト2型の現行モデルの購入はこちら「モンベル」から

チェア【エーライト メイフライチェア】

リンちゃんが使うチェアがアメリカのブランドALITE(エーライト)の「メイフライチェア」です。(画像右)

フレームを組み立て生地を四隅に引っ掛けて吊り下げるだけな簡単な構造で、座面が高さが約5.1cmと低めであるので安定感抜群、奥行きは約38cmとゆったりとした座り心地のローチェアになっています。

また重量約720gとアウトドアチェアの中ではトップクラスに超軽量かつ、収納サイズが約29.4×10.9cmと自転車や原付でのソロキャンプを楽しむリンちゃんにとって、コンパクトで持ち運びやすいのは凄く重要。

リンちゃんが使っているカラーは現在は廃版になっていますが、現行モデルはカラーが豊富なので自分の気に入った物を選ぶことができますね。

日本でエーライトのチェアは大変入手困難なので、ブランドにこだわりがないのならこちらのコピー品を検討してみるのも有りだと思います。

チェア【ラフマ POP UP XL】

出典:Amazon

1巻の表紙でリンちゃんが座っているチェアがLafuma(ラフマ)の「POP UP XL」です。

まるでハンモックのように一枚の布に包まれるような心地よさを実現したローチェアです。

耐UV製のある特殊生地は取り外して洗濯ができるので手入れが簡単

さらにコンパクトに折り畳みができるので携帯性、組み立てやすさも魅力的。

寝袋【ドイター スターゲイザー‐10】

寝袋はDeuter(ドイター)の「スターゲイザー -10」です。

誰もいない寒い季節でキャンプをするのが好きなリンちゃんは、寝袋はちゃんと冬用の-10℃対応の物を使っています。

現在スターゲイザーは廃版になってしまい、現行モデルは「スターキャッチャー -10」です。

両足と両腕をファスナーを開けて出すことができるので、寝袋を被ったまま椅子に座って本を読んだり、スマホをいじったりすることが可能になっています。

圧縮袋 【モンベル コンプレッションスタッフバック】

圧縮袋はモンベルの「コンプレッションスタッフバック」です。(画像左)

寝袋や着替え、ダウンを圧縮してかさ張らないようにする為の袋です。

作中ではこの中におそらく寝袋を入れて圧縮していたようで、自転車やバイクではなるべくコンパクトにしないと持ち運びが大変だということがわかります。

エアマット【イスカ コンフィライトマットレス】

リンちゃんが口で頑張って膨らませていたマットレスはISUKA(イスカ)の「コンフィライトマットレス」になります。

特に寒い季節には底冷えでまともに睡眠をとるにはマットレスは必需品です。

このマットレスはバルブを開けると自動的にある程度の大きさまで膨らむインフレータブルタイプで、最後は自分で空気を入れながら量を調整します。

厚みが約32mmあるのでクッション性と断熱性に優れ、底冷えやゴツゴツした地面の影響を受けることなく安心して寝ることができます。

重量も約740gとそこまで重くなく、収納袋に入れるとコンパクトになるので自転車やバイクの持ち運びにも便利です。

サイズは120cm、165cm、180cmの3タイプありますが、身体が全て収まる180cmサイズがオススメです。おそらくリンちゃんもこれだと思います。

焚火台【笑’s コンパクト焚き火グリル B-6君】

焚火台は笑’sの「コンパクト焚き火グリル B-6君」で通称「メタル賽銭箱」です。

このゆるキャン△に紹介されたおかげでB-6君は爆発的な大ヒットし、笑’sのネームバリューを一躍有名にしたと言っても過言ではないです。

組立時は約幅21.5cm×奥行12.2cm×高さ16.5cmの小型のグリルとなり調理や焚火として楽しめ、収納時にはB-6サイズなるので持ち運びも楽々な所もGood。

また、夜に使用すると笑’sの文字が炎で浮かび上がるというユーザーを楽しませてくれるちょっとした遊び心も持ち合わせています。

因みに限定で発売されていたゆるキャン△コラボバージョンの焚き火台では、リンちゃんが炎で浮かび上がったり、キャラの印刷された特別なプレートがされていました。(現在は完売)

僕はアニメでリンちゃんがこれの上にプレートを敷いて肉を焼いていて、すごく美味しそうに食べていたのが印象的で、このシーンを見る度に焼肉がしたくなっちゃいますね。

購入される際には通常のB-6君にプレートやロストルが付いてこないので、3点セットで購入するのがオススメです

バーナー【ソト  ウインドマスターSOD-310】

バーナーはSOTO(ソト)の「 ウインドマスターSOD-310」になります。

従来のバーナーの弱点である耐風性を独自構造のすり鉢状のヘッドでにすることで、炎が鍋の底から流れにくく、ガスの圧力を一定にすることで冬の寒さにも強く、主に登山用として使われています。

2800kcal/hの発熱量とお湯を沸かしたり、調理を楽しむには申し分なしの火力と重量約67gなので非常に軽量です。

リンちゃんが使用する際には別売りパーツの専用の4本ゴトクを追加で使用していました。

通常のウインドマスターSOD-310には3本のゴトクが付いていますが、大きいコッヘルやフライパンなどを乗せる際には小さすぎて安定性が足りません。

その為専用の4本ゴトクを追加することで安定してストレスなく調理ができるので、是非セットでの購入をオススメします。

クッカー【コールマン パックアウェイ ソロクッカーセット】

クッカーはコールマンの「パックアウェイ ソロクッカーセット」です。

熱伝導性に優れているアルミ製で浅型と深型のクッカーがセットになっています。

深型は900mlまで水を入れることができて、便利な目盛りと注ぎ口が付いているので、2人分のカップラーメンのお湯を沸かすには丁度良いサイズですね。

内側は汚れを落としやすいノンスティック加工が施されているので後片付けもしやすく、料理が苦手な人や片づけに時間をかけたくない人にはうってつけ。

またSOTOのマイクロレギュレーターストーブ ウインドマスターSOD-310を中にいれることもできるので収納にも優れています。

マグカップ【ベルモント シングルマグ】

マグカップはベルモントの「シングルマグ」です。(画像真ん中)

ステンレス製のマグカップで熱伝導性に優れていて、中の飲み物が直ぐにぬるくなったりするデメリットがありますが、その都度バーナーや焚火の炎で温め直す事もできるといったメリットもあり、それが案外楽しかったりもすることもあります。

また軽量で持ち運びが楽、落としても割れない、価格も安いといった特徴もあるのでキャンプ初心者にオススメです。

因みにリンちゃん、なでしこ柄のステンレスマグカップも発売されていますのでこちらも注目です。

マグカップ【チャムス キャンパーマグカップ】

出典:Amazon

1巻の表紙にあるテーブルの上にあるマグカップがチャムスの「キャンパーマグカップ」です。

可愛らしいチャムスのロゴが印刷されて、ポップなカラーなマグカップです。

金属製のマグカップと違いプラスチック製である為、より滑らかで口触りの良い優しい飲み口となっています。

ナイフ【オピネル ステンレススチール】

フェザースティックを作る際に使用していたのがオピネルの「ステンレススチール」がモデルと考えられます。

フランスの折り畳みナイフとして有名なオピネルは、シンプルで美しいデザインと切れ味の良さに定評のあるナイフで、料理や木を削る際に重宝します。

ステンレス製の物は水に濡れても錆びにくく、手入れが簡単なので初心者にはこちらがオススメです。

こちらの商品をレビューした記事があるので良かったらこちらもどうぞ。

ホットサンドメーカー【ヨシカワ ホットサンドメーカー あつあつ シングル】

ホットサンドメーカーはヨシカワの「ホットサンドメーカー あつあつ シングル」です。

焦げ付きにくいフッ素樹脂加工がされているので、手入れが簡単。

自分のアイデア次第で色々な具材を挟み、色々なバリエーションの料理が作れるので遊び心のある楽しいアイテム。

作中ではリンちゃんがこれで焼き豚まんを作っていましたね。

作り方はプレートの表面にバターを塗って豚まんを挟んで、軽く焦げ目が付けばリンちゃんの焼き豚まんの完成です。

因みにコラボ商品としてリンちゃんの可愛らしい顔の焼きが付くホットサンドメーカーもあります。

圧力鍋【ホーキンス アルミ圧力鍋1.5L】

圧力鍋はホーキンスの「アルミ圧力鍋1.5L」がモデルだと考えられます。

プロの料理人も愛用するほど軽くて使いやすいと評判のようで、キャンプツーリングに持って行くには1.5Lサイズの小型の物が収納的に適切していると言えます。

テーブル【キャプテンスタッグ アルミロールテーブル】

テーブルはキャプテンスタッグの「アルミロールテーブル」です。

地面から天板までの高さが約12cmで、ロースタイル派やソロキャンプ派向けのアイテムとなっています。

アルミ製でできている為約700gと軽く、天板を折り畳んで収納できるのでスペースをあまりとらないのも特徴。

また耐荷重は約30㎏と耐久性も高いので、ずっしりとした物を置いたとしても大丈夫。

キャンパーの間では「鹿番長のアレ」で通じる定番アイテムだそうです。

Amazonでは特別なロゴが印刷された限定のアルミテーブルもあるので、気になる方はこちらも注目です。

こちらの商品をレビューした記事があるので良かったらこちらもどうぞ。

テーブル【ユニフレーム 焚火テーブル】

出典:Amazon

1巻の表紙で使われているテーブルがユニフレームの「焚火テーブル」です。

ステンレス製の天板で熱いクッカーや鍋も直接乗せることが可能になっています。

またエンボス加工が施されているため傷や汚れにも強く、折り畳み式なので直ぐに組み立てや片付けができるのも特徴です。

水筒【クリーンカンティーン クラシックボトル27oz 800ml】

出典:ゆるキャン△

水筒はクリーンカンティーンの「クラシックボトル27oz 800ml 」です。

日常からアウトドアシーンまで携帯に便利なステンレス製の水筒になっていて、飲み物の香りが残りにくく、味を変えにくい素材を使用しています。

無駄のないシンプルなデザインでスッキリしていてカッコイイですね。

ナタ【味方屋 鞘鉈5.5寸(165mm)】

ナタは味方屋の「鞘鉈5.5寸(165mm)」です。

薪を割る時には斧やナイフ以外にもナタを使用することもでき、綺麗に真っ直ぐ薪を割るには両刃が良いとされています。

リンちゃんも「きさまら全員まとめて、刀の錆にしてやるぜ…」と言う台詞が出てしまい、何故かカッコイイ刃物を持ってしまうと内なる厨二感が騒いでしまうようですね。

ランタン【ジェントス LEDランタンSOL-036C】

出典:ゆるキャン△

ランタンはジェントスの「LEDランタンSOL-036C」です。

電池式のLEDランタンで突然の停電・震災・避難などの非常時の際も、照明を確保することができます。

白色・昼白色・暖色の3色に調色でき、スイッチの長押しで弱~強まで無段階で調整も可能。

また、キャンドルモードにすれば本物の炎のように暖色光量がランダムに変化し、カバーを外すことで逆さにも吊るせます。

スイッチを押すだけで気軽に利用できるので、火を使わないテント内での使用も安心。

ランタンスタンド 【スノーピーク パイルドライバー】

ランタンスタンドは情報量が少がないのでおそらくスノーピークの「パイルドライバー」ではないかと思われます。

自転車やバイクでの移動となるとコンパクトに収納できるものが良いはずです。

スノーピークのパイルドライバーは3段階に伸縮でき、持ち運ぶには十分な収納性があります。

ランタンハンガー【ロゴス ランタンフック】

ランタンハンガーはロゴスの「ランタンフック」がモデルと考えられます。

サイズは約25cm直径約19~22mmのランタンスタンドやタープなどの円柱ポールに取り付け可能です。

丈夫なステンレス素材の為、ランタンや上着、タオル、ゴミ袋など自由にをかけられます。

サイドバッグ【アクロス リンちゃんのサイドバッグ】

自転車やバイクに横に固定して付けているサイドバッグです。

こちらはモデルになったものがないと思われ、コラボ商品としてアクロスから「リンちゃんのサイドバッグ」が発売されました。

撥水機能と耐摩耗性、止水ファスナーの機能があり、実際に自転車やバイクに付けてキャンプツーリング用として使うことができます。

また普段使いもできるようにショルダーベルトが付いています。

マフラー【ホビーストック 志摩リンのストライプマフラー】

こちらはモデルはなく、コラボ商品としてホビーストックから「志摩リンのストライプマフラー」が発売されています。

リンちゃんはマフラーを付けるにしても青・赤・白・水色の4色ストライプとオシャレさんな模様。

寒い冬のキャンプにはマフラーがないと、厳しそうですね。しかもバイクに乗っているので風が余計に入り込みやすいから尚更マフラーはいるでしょう。

自転車【「ダホン Speed Falco」or「あさひ アルブレイズ」】

自転車は「ダホン Speed Falco」or「あさひ アルブレイズ」がモデルとして考えられます。

リンちゃんは折り畳み式のタイヤが小さいミニベロという自転車にリアキャリアをカスタムして使っています。

リンちゃんのキャンプも最初は自転車からのスタートで、家は本栖湖からトンネルを抜けた本栖みちのちかくにあるので、積載した自転車でも気軽に来ることができました。

ダホンのSpeed Falcoとあさひのアルブレイズはどちらも8段変速で山道を登って行くには必要な機能が備わっています。

あさひのアルブレイズの詳細はこちらの公式サイトから。

バイク【ヤマハ ビーノ50㏄】

出典:Amazon

バイクはヤマハの「ビーノ50㏄」がモデルとなっています。

レトロ感のある可愛らしさが売りの人気の原付バイクで、作中に出てくるのは2004年に発売した2代目がモデルとされています。

リンちゃんの家族はバイク乗り一家で、元々家に合ったビーノを譲り受けて更なるキャンプ場を開拓するための相棒として活躍。

アニメではパワーがあるように音の描写は2ストロークエンジン使用に変更されているようです。

また運転のサポートとしてフロント部分はスマホホルダーやおじいちゃんからプレゼントされた防風スクリーンを、リア部分はキャリアをカスタムして長距離移動も楽々。

ヤマハのビーノ50㏄の詳細はこちらの公式サイトから。

原作・アニメ版ゆるキャン△を観るには

原作コミックは書店や通販サイトにて販売中です。またAmazonにて電子書籍(Kindle版)もありますのでスマホやタブレットで閲覧することができます↓。

アニメ版ゆるキャン△が観たい人は下のリンクからAmazonプライムを登録すれば観ることができます。

Amazonプライムは30日間無料体験ができるので、30日を過ぎる前に解約しても料金が返ってきますからお試ししてみて下さいね↓。

ドラマ版の志摩リンのキャンプ道具と比べてみよう

2020年1月にドラマ版ゆるキャン△の放送開始され、ファンの間ではキャストやキャンプ道具、ロケ地とまんま原作やアニメ版と雰囲気がそっくりで完成度が高いことで有名になりましたね。

志摩リン役には福原遥さんが抜擢され、実際使ったキャンプ道具は原作・アニメ版と若干の違いがあるのでそちらを見比べてみると非常に面白いと思いますよ。

ドラマ版志摩リンのキャンプ道具紹介した記事は下記のリンクから↓。

最後に

リンちゃんのキャンプ道具はおじいちゃんの御下がりでどれも有名なメーカーの高価な商品ばかり。

実際揃えるとなるとかなりの金額がかかるので少し初心者向きではないのか思いますが、品質が良いので一度購入すれば長い年数使えることは間違いないです。

これから作中でまた新しいアイテムが増えるかもしれないので、気になる所ですね。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


登山・キャンプランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました