キャンプで楽しめる「遊び道具」のおすすめ!子供も大人も夢中!

比較・まとめ

こんにちは、ロストマン(@the_lost_man77)です。

みなさんはキャンプに行ったら何をしますか。大抵は焚き火で暖まる、本を読む、ハンモックでくつろぐ、美味しい料理をするなどだと思います。

でもこれらも毎回やっていたら流石に飽きてきてやることがなくなってしまいがち。

そんな時にはみんなで楽しめる「遊び道具」を持って行けば、ワイワイ盛り上がること間違いなし!

特にお子さんのいる家庭では折角のキャンプだからおもいっきり体を動かして親子水入らずの時間を過ごすには「遊び道具」は必須アイテムです。

今回は子供も大人も夢中になれるキャンプで楽しめる「遊び道具」のおすすめを紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

モルック

フィンランド発祥のモルックはボーリングみたいにピンを倒して競うゲームで、なんと世界大会が開かれるくらいに世界で熱狂的な人気があります。

遊び方はとてもシンプル。始めに2チーム以上作り、次に1~12の数字が書かれた12本のピン(スキットル)に向かって、モルックと呼ばれる細長い木の棒を投げて倒し、倒れた本数で得点を計算して先にちょうど50点になった方の勝ち。

テレビのキャンプ番組でも度々紹介されるオススメの遊び道具です!

スラックライン

スラックラインとは、幅5cmほどのライン(ベルト)の上を綱渡りのように歩いたり、飛び跳ねたりするスポーツのことです。

バランス感覚を使うので、体幹を鍛えて全身運動するのに適しています。

あまり高い位置に設置すると怪我をしてしまうので、芝のある所や下にマットを敷いたりして遊びましょう!

オゴスティック

オゴスティックは、アメリカのスポーツメーカーから開発された鹿の角のようなスティックを使って麻のボールをキャッチボールして遊ぶおもちゃです。

遊び方は、スティックを2人でそれぞれ手に持って、麻で編んだボールを引っ掛けて相手に向かって投げます。ボールを投げられた相手は、スティックにボールを引っ掛けて、どちらかが落としたら負け。

オゴディスクミニ

2018年に「ペアレンティングアワード受賞」したオゴディスクミニは、ディスク2枚とボール1個のおもちゃです。

フリスビーにして投げたり、テニスのようにラケットで打ち合いしたり、ボールを水風船やテニスボールに代えて遊んだりとこれ一つで遊び方は無限大の可能性!

ボールはとても柔らかく、ポンポン弾まないのでなくしにくいので、子供と一緒に遊んでも安心して使用できます。

エアロビー

2003年に世界最長飛距離406mを記録してギネスに認定された投げて遊ぶリングです。風の抵抗を受けにくい構造のため、軽く投げただけで遠くに飛んでいきます。

広いキャンプ場で人がいないことを確認して遊ぶようにしましょう!

スカイキャッチボール

スカイキャッチゲームは、外遊びには定番の遊びです。

ラケットにセットしたボールを相手に向かって投げ合ってキャッチするシンプルな遊び。ボールをキャッチしやすいようにラケットが幅広で、ラリーが続きやすく家族・友人同士で楽しめます。

付属のボールにはソフトとハードの2種類あり、スピードを変えて遊ぶことも可能です。ハードでは真剣勝負、ソフトでは子供とのんびりと場面に合わせて楽しみましょう!

XGEARポータブル 卓球セット

どこでもすぐに卓球が楽しめるポータブル卓球セットです。

最大幅約180cm(支柱含む約190cm)で幅厚さ5cmまでのクリップ式でどんなテーブルにも設置可能。設置も片付けもすぐにできます。

座ってもできるので、雨の日のテント中でも暇つぶしで遊ぶのにもってこいですよ!

グッドミントン

アメリカのメーカー、VIAHART(ビアハート)のグッドミントンは、公園やキャンプ場で気軽に楽しめるラケットセットです。

羽には低速と高速のスピードになる2種類が付属し、遊びのレベルを変えて飽きずに遊ぶことができます。

ラケットのハンドルはソフト素材でできているので握りやすく、遊んでいる最中に滑って手から離れて人に当ててしまわない工夫もされていて安全に遊べます!

ミニパラシュート

カラフルな見た目の小さなミニパラシュートです。

空に向かって投げるだけで、自動でパラシュートが開きひらひらと降下してきます。パラシュートの紐の先端に人型の重りがあるので、本当に人が降りているかのような見ているだけで面白い!

6色のカラーがセットになっていて一度に複数投げても良し、好きな色を投げても良し、家族や友人といった人数が多くても楽しめます!

ピンポンキャッチャー

ピンポンキャッチャーは、ラケットでピンポン玉をつかみ、パッと開くだけで玉が飛び出す新感覚のゲームです。

玉を相手に投げてそれをキャッチしたり、的やゴールに入れて遊んだりと遊び方もいろいろ。力やスピードも必要ないので子供だけでなく、お年寄りも幅広く楽しむことができます。

コツさえつかめば癖になってやめられなくなるかも。

ポケットカイト

ポケットサイズのとてもコンパクトなミニカイト(凧)です。

本来は骨枠があるカイトですが、これには骨枠がないので落下しても壊れたり、誰かに怪我をさせることもなく子供でも安心して楽しめます!

付属のケースに収納すると、簡単にポケットに入って持ち運びやすく、すぐに取り出せるのもポイント。

フラットボールJr

このプロペラ状のディスクはパッと見でどうやって遊ぶのかわかりませんが、実は一瞬でボールに変形するビックリおもちゃです。

ディスクで投げると手元に届くころにはボールに変形したり、床や壁にディスクを押し当ててボールの変形でポンと飛ばしたりと子供達には好きなように直感的に楽しめます!

アメリカペアレンツ金賞とグッドデザイン賞、グッドトイ賞を受賞しています。

ストリームマシン

2016年に「マツコの知らない部屋」で紹介された大きな筒状の見た目をした水鉄砲です。

数多くの水鉄砲の中でも突出した威力を発揮していて、なんとその飛距離は10mまで達する飛ばすだけで面白い!

水中に先端を入れてバーを引くと水が補給され、 バーを押すと水が噴射するシンプルな構造。バッテリーなどは必要なく、いつでもどこでも簡単に遊んで楽しめます!

ウォーターガン 1200CC

1200CCの大容量の水を入れられ、さらにタンクに入っている水の残量が見れば一目で確認でわかるようになっている水鉄砲です。

エアー圧縮式のポンプアクションで、バッテリー要らず。3つノズルから出る水の飛距離は最大10mまで発射することができます。

見た目がゴツくてカッコ良く、男の子の外遊びにピッタリ!

キャンプごっこ

キャンプに連れてきたものの本物のキャンプ道具は子供に触らせると危険ということで、子供でもキャンプを疑似的に楽しめるおもちゃセットがこちらです。

ナイフやクッカー、シングルガスバーナー、ランタンといった子供にとって危険な道具がおもちゃになっているので、安心して一緒にキャンプごっこができます。

子供用テントも付属するので、日陰や虫から守ったり、キャンプ場で迷子になってしまわないように役立ちます!

最後に

いかがだったでしょうか。

キャンプではテントやタープを建ててしまったら、案外暇でやることがない場合にはこれらのおもちゃを使って楽しむのも良いリフレッシュなります。

特にお子さんがいる家庭では、元気ではしゃぐことが多いのでのびのびと遊ばせてあげたいと思うはずです。

ゆったりとくつろぐキャンプに飽きたなら、友人や家族などと一緒にワイワイとアクティブに体を動かすキャンプもやってみてましょう!

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


登山・キャンプランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました